読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

通過儀礼の恋愛

「お前にとって俺はイニシエーションだったんだって言われた。イニシエーションって、言葉の意味、わかる?」「イニシエーション・・・通過儀礼ってこと?」「そう。子供から大人になるための儀式。私たちの恋愛なんてそんなもんだよって、彼は別れ際に私に…

big love & thank you on my birthday 20150417

4月17日、23歳になりました。 twitter、FB、LINE、メール、直接、と本当にたくさんの方々に祝っていただきました。 ありがとうございます。 23歳でも社会人一年生ということで、若い!フレッシュ!とチヤホヤされている。 石原さとみ3か年計画をスタ…

彼氏と付き合って別れるまでの日記

ピカンチハーフのノートに去年の9月から日記を毎日つけています。 先日彼氏と別れました。いまはやりのLINE別れというやつです。 結構いろんなことを言われました。 考えが至らないとか俺のことをもっと理解してくれてもよかった、デリカシーがないことばか…

諦念

忘れなければ耐えられないことだってある。 今日、1日中考えてた。 私がとるべき行動。正しいおこない。優しいことば。 相手が幸せになるための価値尺度を持つ、そしてその価値がどこに置かれるか。 愛してくれている人がいるのに、私はそれを煙たがっている…

「これは別れではない 出逢いたちとのまた新たな始まり ただ 僕はなおあなたに逢いたい」

今更感あるけど けんちゃんは女子高生のわたしを前にして「余裕あるオトナ」を演じてたんだろうなって思う 甘やかされて可愛がられていたから全然見抜けなかったし時折大ゲンカで必死になる姿に戸惑った そっちの気性の荒さ加減が素だったんだろうなって、今…

ビュッフェ嗜好

私はつまみぐいが好き。 ビュッフェやケータリング、バイキングと呼ばれる形式の、アレ。 あるいは、一口ずつの料理がワンプレートにたくさん載ってる、懐石料理とかディナーコースの、アレ。 実家の夕飯、食卓にたくさんのおかずが並んでいると「ああ、豊か…

let me down

don't let me down だと「がっかりさせないで」 let me down だと「虜にして」 になるの おもしろいね~ けんちゃんにとられた4年分の時間を いま、毎日取り返しに行っている。 彼の出会いがきっかけになって、私の結婚観、等身大の人付き合い、ホルモンバラ…

恋人

なんつーかいなくてもわたしは大丈夫な人間なのかなって。 最近ちょっと思うことが増えている 高校生になってから急に色気づいてそういう存在欲しがってきたけど いざ彼氏ができると全然続かないし 飽きちゃうし好きじゃなくなっちゃうし ほんとに人間関係ぶ…

誰かに愛されているということ

ワールドカップ日本代表が練習してなかったパワープレーを本番ぶっつけてきたり、 全体練習を急きょ休みにしたり、 インタビューすれば言ってることが選手それぞれ別々の方向を向いていたりと もうバラバラですね。 周りの話題についていくため見ていますね…

時計の針

待った。わたしは待った。4年間待った。 また一緒に過ごせる日々を願った。信じた。疑ったこともあきらめたこともなかった。 毎日考えた。考え続けた。 セリヌンティウスはメロスを3日後の日没後まで待てば、 立派に友情が成り立った。名作は出来上がった。 …

振り返らないということ

好きだった人のことを思い出さないようにしている日々が増えた。 死んだ祖父や、叔父のこと、私は思い出せない。 記憶はあるのだけど、思い出すと、自分の命が食われてしまいそうな感覚になる。 そこで立ち止まってしまう。きっと。 それと一緒で、彼のこと…

恋心の死の受容

死の受容のプロセス[編集] エリザベス・キューブラー=ロスが『死ぬ瞬間』の中で発表したもの。以下のように纏められている。すべての患者がこのような経過をたどるわけではないとも書いている。 否認 自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である…

放し飼い

彼に、何度も言われたことばがある。 「えいけいは8割で、いや6割くらいでちょうどいいから。 120%で走り続けるなんてできないし、調子いい時に頑張り過ぎて あとで疲れたり、すごく落ち込んでしまうのはもったいないよ」 就活が始まってから、そんなことさ…

「今日の日はさようなら」

四年前、叔父が脳腫瘍で死んだ。 40歳ちょっとだったから、転移もはやくて、ガンが見つかってから半年持たなかった。 叔父の誕生日にガンが見つかって、放射線治療や抗がん剤や、とにかくいろんな手を尽くしたけど、 最後は肥大したガンに目の神経も記憶も言…

海辺は霧に包まれて、風が運ぶ水分と砂であっという間にベタベタになる

天気と気象についてわかっていることいないこと (BERET SCIENCE)作者: 筆保弘徳,稲津將,吉野純,茂木耕作,加藤輝之,芳村圭,三好建正出版社/メーカー: ベレ出版発売日: 2013/04/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る これ買った。 好きな人が、空にか…