パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

スポットライトの影

照明。

 

ライブやコンサートでは、何本もの光が一人の人間に当たる。

まぶしくってたまらなくなる瞬間もある。

それの反動で、影が濃くなる。

誰も気にしない足元、かかとの影。

 

 

理想をいつも追い求めている。

明朗快活、笑顔で素直。

前向きでめげず、自分の身の回りや当たり前のことにきちんと感謝し、

失敗してもクヨクヨしない。

ひとの悪口だって言わずに自分を反省する。

そーいうヒトってすごくステキ。

なりたいな、と憧れて、「いつも丁寧で前向きで明るくて元気で思い遣りあるニンゲン」っていうのを意識して行動している。

そーいうヒトが立派だって、小学校の道徳で教わった。

そしてそれが地・素になったらいいなって思うから、意識して行動している。

別に誰かをだましたいわけじゃないし、本性を隠したいわけじゃない。

 

 

もともとそんなに性格がいい人間じゃない。

すぐ人の悪いところが目について、心の中ですごくdisrespect的なことを考えてる。

相手の気持ちを抜きにして、課題や欠点に対する現実的な改善策と対処展望ばかりを浮かべている。だから相手の気持ちに寄り添うっていうのが苦手で試みるも全然上手にできずに途中であきらめる。LINEとかも急に人が変わったみたいにテンションあがって言葉が乱暴になっちゃう。

自分オンザ棚が本当に多い。

サイテーだなって思ってる。

ちょー傲慢だし、世間知らずだし、冷酷だし、頭悪いし、ちょー性格悪い。

 

って自分のことを認識してる。

自分のかかとの影をそうやって見ている。

 

 

でもそんなこと言ったって、どれだけ「本当のアタシはこういう人なの」って自己主張したって、他人にとってはどーでもいー。知らなくても生きていくのに困んない。関わるのにも困んない。

いつも接する表情だけ、表面上だけ知ってれば充分うまくひとづきあいしていける。

ちょうどいい距離感を保って、

見せていい箱だけ見せて、

それで充分だよねーって。

ニノちゃんbotも言ってた

 

 

職業アイドルのひとを好きになったことなかったので、

ニノの言葉を見てると、ああすごく意識してアイドルしているんだなって考える。

私も誰かを意識して生きなきゃいけないなー、って思う。

意識して生きなきゃいけないなーって思ったら、次は周りにどう思われるか考えて行動しなきゃいけないなー、って思うし、じゃあこうやって行動しよー、発言しよー、って実行にうつっていく。

 

 

 

意識しすぎて、もうなんもわかんなくなるときがたまにある。

たまにっていうか、結構頻繁にある。

ツイッターでpostしたことが、元バイト先の明治大学女やせんぱいにdisられて笑われてるときとか、

あーもー何をつぶやいてりゃ相手に嫌な思いさせずにすむんだろー、わたしも悪口言われんのヤダー、って泣きたくなる。

 

 

自意識こじらせると、ちょーめんどくさい。

でも、ゼロでもダメ。

地が汚すぎるから、ゼロのまま好き勝手していたら誰かを傷つけていく。

時々、気が緩んで自意識がゼロになる。そうやってその汚い地がキツイ言葉になって表に出ちゃって、「アイツはコワイ」って言われるゆえんになる。

 

どーにかしなきゃ、って思ってもう5年が経つ。

高校生のときに気づいてから、全然変われずにいる。

焦る。

来年からはもう社会人だっていうのに、まだまだ未完成のままの自分がある。

 

ありのまま、今のまま、なんて嫌い。

そんな姿の私を好きになんてならないで。

 

 

 

自分をうまく乗りこなせずにいる。

嫌な影がいつもつきまとっている。

スポットライトなんて当たらなくていいから、影なんてなくなればいいと思う。

自分が光になってしまいたい。

誰かを照らす光になってしまいたい。

誰がどこから見ても、影ひとつない光輝く理想的なニンゲンになれるまで、

ずっと自分を着飾っていく。

 

 

 

清濁併せ呑むような人間になれなくたっていい。

陰影もはっきりしなくたっていい。

誰かを照らす光でありたい。