パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

神は一人の人間に二でも三でもいくつでも物を与える

「学歴だけがすべてじゃない」という主張をするニンゲンと

やたら学歴ばかりにこだわる「学歴厨」と

あんまり気にしない人間と、

学歴に関してはいろんな意見があると思いますが

実際に就活を経験して、「学歴フィルター」(大学名だけで選考合否を決める)を目の当たりにした結果から言うと、

「学歴あるってだけでそれなりに勉強してきたか、もしくは金にモノを言わせて学歴を勝ち取ってきたか、コネがおそろしく強いかのどれかに当てはまる確率が高い」

のではないかと思います。

 

雑な言い方をすると、

①偏差値がひくい・無名だとハズレのほうがおおいから、アタリを見つけるのが大変。

②偏差値がたかい・有名だとアタリのほうがおおいから、ハズレをより分けるのが簡単。

だったら、最初からハズレの多い部分を全部切り捨てて、アタリの多い部分から少ないハズレを取り除けば効率的。

という理論があるのではないのでしょうか。

もちろんすべての共同体(組織)がそういう考え方を持ってるわけではないとおもいますが、世の中の大人はだいたいそういう感じで学生を見極めていると思います。

日銀なんてほとんど東大しかいないときいた。まさに学歴フィルターの真骨頂です。

 

 

いい大学にはいい先生が集まっているし、

「ウチの大学にくる学生はそれなりに勉強ができる」という前提のもと

講義やゼミ・演習が繰り広げられるので、

高校以前で習うようなことはいちいち確認しません。

知ってないほうがバカのレッテルを貼られるため、頭がないなら自分で勉強するか、もしくは頭以外の取り柄をもつ必要が出てくると思います。

 

経験的には、

認知情報科学人工知能とか空間認知とかの話、ガッツリ理or医学部の話)の授業で

「これは高校でも教わってなかったと思うんですけど~いま説明している時間はないので興味あるひとはぜひ自分で勉強してみてください」とサラッと流され、

文系出身が多い文学部の授業であったにも関わらず、

『男女が恋愛する過程におけるお互いの認知の変化を微分方程式であらわす』という

マジで意味の解らない授業をされたことがあります。

しかも配られたレジュメは全文英語、時々初めて目にする数式が記載されているもので、

もうTOEICがどうとかセンター試験がどうとか言う話ではありませんでした。

 

微分方程式は数3C、脳神経の基礎知識は高校化学・生物で習いますが、

そんなのもちろんフルシカトです。

 

http://muscat.l.chiba-u.ac.jp/

 

ちなみにいま話した先生のHPは↑のリンクです。

結局全然話が理解できなかったので、授業はすべて寝てやり過ごしました。

 

 

いまの話は極端な例ですが、文学部でこれなので、

医学部なんかはもっとひどいとおもいます。

わけのわからない話をきかされ、自分で必死に勉強する、と言います。

教授はもちろんこの課題をいつまでにやってこいと指示もするので、

その課題プラスアルファでの勉強が必要です。

ひとりで勉強してきちんと成績をとれるのはほんのひとにぎりの天才なので、

だいたいは友達や先輩に頼って頑張ります。

するとコミュニケーション能力が上がります。

頭がよい。コミュニケーション能力もある。

素晴らしいです。

 

だから学歴フィルターがあるのではないのかな、と思います。

要するに安全策をとるなら学歴で切っちゃうってことです。

 

 

 

一方で、偏差値があまり高くなかったり、無名大学に通うひともたくさんいます。

軒並み就活に苦労しています。

それは、学歴できられるからです。

第一志望に落ちたから滑り止めで入りました、だからネームバリューより実力を持っています。

そういうアピールをするひともいます。

だいたいが「海外行きました」「TOEIC800点です」「ボランティアしました」「バイトリーダー」「サークル会長」「学生団体作りました」「インターンシップ」らへんでアピールしてきます。

勉強以外でアピールしてきます。

でも、勉強って図書館行ったり別の大学にもぐって聴講したりすれば自分からいくらでもやれます。(聴講は学費的なアレも関係するから自大がいいと思うけど)

チャンスがありながら、勉強してこなかったとはどういうことですか、ともしきかれたら何も言えません。言えないと思います。

別の畑に足を踏み入れるのは限界があるので難しいとはおもいますが。

たとえば東大の教養学部なんかは「教養」なので誰でもきけるはずです。

その話が理解できなかったら、単なる自分の勉強不足・知識不足です。

 

 

良い大学の授業を受ければ知らず知らずのうちに教養がつくんじゃないかな、と思います。

だから、いい大学が学歴にあるというだけで価値があるのではないかな、と思います。

昨日慶應ボーイと合コンして、何を話しても絶対いい話が返ってくるのを感じてそう思いました。

「大船に住んでる~」とある一人の女の子が言ったら、

横須賀線だよね!」「鎌倉近いじゃん~、鎌倉つったら鎌倉高校あるよね」「江ノ電の鎌倉高校前ねー、スラダンのモデル校じゃん」「桜木~」「フンフンディフェンス」「体育館が老朽化で立て直しされちゃったんだって、だからファンはものすごく反対したらしいよ」

と話が広がる広がる。

すごいです。その引出しの多さ欲しいなと思いました。

あとできいたら4人慶應ボーイのうち1人は社長の御曹司で4か国語が話せてBMWがマイカーだと言っていました。

おそろしい。

神は二物を与えずって言ったの誰だよ。