読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

ピカンチハーフを見てきました(ネタバレ注意)

水道橋は東京ドームシティホールに行ってまいりました

 

f:id:mameco_s2:20140826160439j:plain

 

じゃん。

これを見るためです。

嵐主演のB級映画、

『ピカ☆★☆ンチハーフ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』

チケット争奪戦関東大会がしぬほど大変だったやつです。

ピカンチ戦争 - パンケーキはブスの食べ物[豆子 2013]

その時の戦況は↑の記事

 

16:30上映を見るべくして、あらしっくの後輩女子(むつみ)と一緒に水道橋へ。

むつみはニノ担当。ファン歴ももう6年とかになるらしい。そのくせ長い付き合いの彼氏がいる。顔も可愛いし肌もきれいだし細身でサラサラ黒髪ストレート。

最近わたしのことを「全然こわくない先輩」だと気付いたため、タメぐちはもちろん呼び捨て。

そしてむつみを溺愛するわたし。「2年生女子の中で一番かわいがってるし大好きな後輩だから~むつみはほんとにも~かわいいな~いとおしい~」と言いながらおなかをさすったりします。

ていうかわたしの周りのあらしっくみんな彼氏いるんです。

ジャニオタは目が肥えてて、三次元のブサイクなんて相手にできなーい彼氏は手越クン♡たっちょん♡山田涼介ラブ♡みたいな感じのひとばっかりだと思ってた。偏見でした。

 

で、です。

むつみは待ち合わせ時間に20分遅れて登場いたしました。

「まめこどこや」ってLINEをとばしてきて、後ろからワ!!!ってしたら

「おーびびったーごめんごめん寝坊した」と。

喋り方が田舎のオッサン…

 

 

東京ドームシティについてから、ちょっと遅めのランチしてプリ撮った。

 

 

SEGAの中に嵐のユーフォーキャッチャーあった。

 

f:id:mameco_s2:20140826232657j:plain

 

これぜえったい事務所非公認だべ?!

滑り止めついてて、対角線に置かれてて、どうやったら落とせるんだろう。

中身はオルゴールらしいけど落とした衝撃で壊れたりしないの?

「絶対無理でしょー」って言いながら200円入れてみたけれど、無理だった。

ちょっとグラつくだけ。鉄壁だった。

 

 

そしてプリ撮った。

高校生のときは遊びに行ったら必ずプリとろうね!!まずとる!!って感じだったのに、大学生になってから急にとらなくなった。

1年に2,3回しかプリを撮らない。

遊びに行ってもだいたい誰かしら一眼カメラ持ってるし、すまほかめらもあるし。

落書きとかポーズとかも全然わかんないですもんね。いまじゃ。

ピースするの恥ずかしくなっちゃったもん、もはや。

 

そんなわたしたちは「どれで撮ったらいいのかわかんねーなー」と言いながらゲーセンの奥地へ。

「自分史上最高のワタシ!」って書いてあるプリ機発見。

いいんじゃないですか?町田樹みたいなキャッチコピーで。

ひとも並んでないので入ってみた。

すると、目の大きさや美白度やいろいろ変えられるみたい。

プリ素人の私でも「あ、これニノさんでニノが撮ってたプリ機や」って気付いた。

 

スーパーアイドル嵐の二宮さんでもこの↓変わりようですから、

スーパー凡人のまめこは偏差値38から偏差値53くらいまで上がるんですよ。

 

f:id:mameco_s2:20140826232700j:plain

こう並べると目がでかくなりすぎて気持ち悪い。

顎も鋭利になってるし、逆に耳は強調されてるし。

ありの~ままの~姿見せるのよ~ってどこかから聞こえてきそうなくらいの加工っぷり。

 

こんな感じに仕上がりました。

顔面偏差値53くらいのアタシ、完成。

かわいい~自分の顔いつもよりかわいい~~!!!!

普段もっと目ちっちぇえしアゴも鋭利じゃないから。

 

美白度、目の加工、そのほかもろもろの加工すべて「オススメ」「おまかせ」を選んでこれ。

ニノはテレビの時”丸目”加工かなんかしてて、めんたまぼろっと出てきそうな写輪眼になってたんだけど、自分も丸目・猫目・たれ目加工はマジで気持ち悪かった。なんでカメレオンだかカエルだかみたいな目が可愛いっていう価値観がまかり通ってるの?

 

むつみと「ワーいまの技術ってすごいねー」って感想した。

 

で、ベンチで家族連れや巨人ファン、阪神ファン、赤・青・黄色・紫・緑の小物もしくは服、嵐のコンサートグッズのキーホルダーやバンダナやバッグを持ってる人を観察。

ふたりとも行動科学科なので人間観察しても全然飽きなかった。

1時間くらいベンチでダラダラしてた。

ドームシティの雰囲気を楽しんだ。ぞんぶんに楽しんだ。

 

 

そいで、開場時間になったので移動。

看板や方向がよくわからなかったので、

嵐のコンサートグッズ持ってる女の子についてった。

ちゃんとたどり着けた。

 

ホールにはポスターがありました

 

f:id:mameco_s2:20140826161101j:plain

 

このポスターを見ればわかるのだけど、二宮だけビジュアルがおかしいのよ。

ヒッピーなの。

登場した時にヒョワアアアア!!って声あげて顔の横で手バッタバタさせたら、むつみに「二宮登場したときのまめこのリアクションが映画よりおもしろかった」って言われた。

一般的に、おもしろいシーンは「フフッ」みたいな含み笑いだと思うんですけど、

地でオーバーリアクションしてしまうので、「アハハハハハハハ!!!」って大声で笑っちゃう。

きっとわたし、すっごいうるさかったと思う。笑い声が。

 

だから、劇中に葬式のシーンがあってもなんか笑っちゃう。

二宮、一応喪服は着るのだけど髪型そのままだし頭のバンダナもただ真っ黒になっただけなの。意味わかんねえ。

しかも翔さんに関しては特攻服のリーゼントだし、大野くんも走り方キモい。

あと翔さんや相葉ちゃんは泣く演技が上手な一方で大野くんはゴリラの雄叫びみたいな泣き方するし、潤くんは涙さえ出てないし。

ラーメン食ってる二宮はなんか女の子みたいに前髪おさえちゃってるし。(かわいい)

あと、結構背景と人物の合成画面が多かった。

いかにも合成しました感がすぐわかるやつ。素人がフォトショいじったの?ってくらいのやつね。フォトショじゃないな、もはやイラストレーターで作ったくらいのクオリティなの。

 

なんだこの映画?って何度も思った。

 

でも、いちいちちっちゃいネタが面白いの。

堤幸彦さんが作った映画だってすぐわかるの。TRICKのあのぬるぬるした雰囲気なの。(今回監督はちがうひと)

病院で医者が「酸素!」って言ったらナースが「はい喜んで!」って渡したり(庄屋かよ)、

部屋の壁になんかよくわかんない書道の川柳がベタベタ貼ってあったり、

いちいち後ろのエキストラがクネクネうごいてたり、

効果音にいちいち字幕がついたり。

そういう「いちいち」が面白くて、ストーリー展開がよくわかんなくても面白かった。

あー、ここのシーンは相葉ちゃんアドリブしたなー、とか、

もう役がどうとか関係なしにいつもの調子でニノ喋ってるなー、とか、

そういうのが透けて見える映画でした。

これ撮影してる最中もスタッフや役者・嵐さんたち笑いこらえるので大変だったろうなー。

違和感と不自然が常にあるから、もうわけわかんなくなってくる。

 

 

それから、5人の演技がすっごく変わった。

上手になった?っていえばいいのかな。

「演じてる感」が消えた感じがした。

ニノはかっこつけ感が消えた。感覚で演じてるんだろーな、って思った。

しょさんと松潤は泣いてるシーンがきれいだった。

大野くんはさすが怪物くん・死神くんって感じ。

相葉ちゃんは相葉だった。

 

 

 

映画を見る前にちゃんとピカンチピカンチダブルを見て行ったんだけど、

やっぱりニノと相葉ちゃんの服装がおかしいから、

むつみに

「ねえ、すっごい頑張って予習したんだけど相葉ちゃんとニノに対してどういうモチベーションで向き合ったらいいの?何もわかってないのわたしだけ?」

ってきいたら

「それで大丈夫っすよ」ってヒトコト。

男前かよ。

 

大丈夫だった。

予習しといてよかった。まじで。

 

そんなこんなで千葉まで帰ってきて、夕飯食べて解散。

すっごい楽しかったー。ほんとに、ほんとーーーーーにたのしかった。

2時間も見てたんだ、って思うくらい。

あっという間とは言わないけど、「ずっと見ていたいなあ」って感じる映画でした。

☆いつつ!

10年後、40歳になった彼らがまたピカンチしてくれたらいいなあ。

 

わたしもまだまだピカピカでハレンチな青春を終わらせずに生きていきます。