読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

CMさえ見れないアイドル嵐

嵐事。

ニノちゃんが出ているポッキーのCM


ポッキー CM | Pocky Street

 

まだ一度も見れていません。

 

森永ベイクは昨日見た。

明治ザチョコレートも先週見た。

 

どうしてグリコポッキーにだけ出会えないのか。

CMさえ見れないアイドルに翻弄されて、ザッピングばかりしている。

 

とくダネの最中には日清オイリオのCMが流れるということと、

ZEROの前30秒は必ずKIRIN一番搾りのCMが流れるってことしか把握できていない。

つらい。

 

 

CMに出てくる5人のはなし。

 

 

潤君はなんでも上品に仕上げる。

ザチョコレートも大人のきのこの山/たけのこの里も上品。

「ザ」を7回言うだけなのに上品な仕上がりになる人間は世の中にそういない。

エリエールだってジュレームだって、日常的に使うものがすべて上品になる。

買うだけで非日常が部屋にやってくる。

そして「松潤のチョコレート」「松潤のシャンプー」と言うように

商品を自分のものにしてしまう。

あのCMは松潤以外考えられない、とまで思わせる。

SMAPで言えばキムタク路線というか。

松潤という存在を真ん中にいて、そのファッションの一部に商品がある。

 

 

翔さんはごはんを食べているか、そうではないかで別れる。

そうではない場合。保険、シャンプー、眼鏡。

松潤と似ていて、上品さや気品をもたらす。

潤君と二人で出るJALのwi-fiCMはザ・ベスト・上品。

困らない生活を送るために必要なものを自分のイメージに乗せて届けてくれる。

ごはんを食べている場合。

とにかく美味しそう。グルメリポーターのように言葉がないのに、美味しそうに食べる。(この点に関してはSMAP中居くんと共通する)

汗かいて餃子を食べても、風呂上りにピノを食べても、何もズレない。一緒に食べたくなる。日常的である。

翔さんは自分のイメージに商品を乗算してくれるタイプ。

 

 

ニノちゃんは5人の中で一番特殊。

まず、ごはんは食べさせちゃいけない。全然おいしくなさそうに見えるから。(本人がグルメなイメージ皆無というのも一理)

JCBサロンパス、ポッキー、日清オイリオとふたをあければ

彼ほどいろんなシチュエーションでアクションをしてくれるメンバーはいない。

クレジットカードのCMなのにカードを出さず世界を旅してみたり。

シップのCMなのにギラギラの衣装でピアノ弾いて歌っちゃったり。

お菓子のCMなのに悪魔のコスチュームで毒づいていたり。

日清オイリオのCMでさえ、ほとんど食べない。揚げるだけ揚げて、終わり。

CMが非日常的なのはニノちゃんがいちばん。

しかし扱うものが日常的である。

相手を活かすためになんでもやる。商品に関係も脈絡もないシチュエーションで、何かをしていく。

「なんでも屋」である、中心にはならず相手を常にひきたてるために動く本人のイメージがCMにも表れている。

 

 

相葉ちゃんは誰かを笑顔にするCMなら誰よりも輝く。

生活に一番近い立ち振る舞いをして、フレンドリーに商品を使う。

ニノちゃんとは対極的である。

絶対に元気いっぱいである。

メッツコーラも元気いっぱい。ムヒも元気いっぱい。ミスタードーナツも元気いっぱい。はなまる笑顔です。

困っている人を笑顔にする姿は日立のおひつ御膳でいかんなく発揮された。

あんな風に、ご飯を炊いてくれた人に「(おいしくて)よかったです」と言われたらそれだけで疲れも癒される。

商品に寄り添って持ち前の明るさで一緒に輝くのがあーばくん。

 

 

大野さんは本人のイメージに合わないことばっかりやってしまう。

CMには矛盾だらけ。

まず、免許を持っていないのに日産のCMに出ちゃう。

釣りをしすぎて真っ黒に焼けた肌で「守れ!肌アミノ!」って言っちゃう。

本人は花粉症じゃないのになんかよくわかんないアレグラ星人になって花粉症対策しちゃう。

BAKEもメッツコーラもCMそのもののテンションは高いのに、大野さんが一人マイペースに佇んでいる。

視聴者はおいてけぼりを食らう。

覇気のないアイドルが矛盾を抱えて突如現れる。

自分のイメージに合っていないからこそ、CMを見た後に残るのは「あの大野智はなんだったんだ」というわだかまり。

 

 

5人はそれぞれのキャラクターとパブリックイメージを確かに持っていて、

クセもアクもないのに記憶にとどまる。

 

そして5人でCMに出れば、たちまち「嵐のCM」になる。

日立も日産もJALもパズドラもキリンも、嵐のCM。

五人が仲良く何かをする。そこに商品がある。

あらしっくになる前に見たグリーンラベル(グリーンラベる?)のCMや日産試乗CM(船に乗って日産までたどり着くやつ)、任天堂wiiのCMはいまだに覚えている。

なぜなら「嵐が楽しそう」だから。

楽しそうな姿が本当に好きです。

ひとりひとりで出ているCMが増えてきた中、より一層価値があるような気がしている。

 

 

デジタリアン東京公演の当落発表まであと4日。

今日もテレビを見ながら生で見れる日を夢見ている。