読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

「スー」じゃなくて「スパン」

関ジャニ∞の2015年度の抱負は「健康第一」by丸山

 

スベって「スパン!といく」も言ってました。

10周年は忙しかった、「スー」って通り過ぎてった

でももっと充実したら「スパン」ってなるでしょうから、と。

 

スパンって、効果音がするくらい忙しくなりたいな、とも思うし

そこまで忙しくなってどうするんだろう、という気もする。

 

最近私はどちらかといえば「忙しく」て、おそらく精神的に大きな負荷をかけている。

周りから見たらすっごい忙しいらしいよ。

忙しいってよくわからない。

 

 

そして、たまーに、ルーズコントロール。

 

 

深夜、ふと我に返ると公園のブランコにいた。

バイトから帰ってきて、お風呂に入って、そのあとどうやって外に出てきたんだろう。

 

あれ、何してんだろって思って。

でも一人でいられないやって。思って。主観が。

そして、ああまずいまずい今夜一人でいたらおそらく気が触れて(もうすでにこの段階でやや触れなんですが)、なにするかわからないって。思った。客観が。

 

とりあえず手当たり次第に電話をかけた。

大阪に住んでる同期にさえ電話をかけた。

みんな、出ない。

そりゃそうだ。12時を少し過ぎる頃(by monster/嵐)だもの。

モンスターでもなんでもいいから隣にいてほしかった。

 

8人目くらいにかけた学科の親友に電話がつながって、

「泊めるからおいで」と。

ちょうど大学の最寄駅から家に帰るとこだったらしい。

駅で待ってるね、って。

 

走った。ヒールでガツガツ走った。

もうね、わかんないのよ。寒いも息切れも足の痛さもわかんなくなってたの。

アドレナリンがばかみたいに出てたんだろうね。

何もしてない深夜にアドレナリン大放出って、脳下垂体ヤバスだね。

 

で、コンビニでお酒かって友達の家にあるお菓子食べた。

 

「電話の声やばかった~」って言われて、

なんかツラいし落ち着きゼロだしすごいアグレッシブアクション起こしたかと思えば急に泣きだしたりしちゃって感情がノンストップやね~んって話したら

「躁鬱じゃないの?」って。

 

そうよねー。

我々、行動科学科ですのでねー。

精神医学も勉強してますからねー。

それでも、自分自身がそういう状態に近づくと、誰かに言われるまでわかんなくなっちゃうんだねー。

ルーズコントロール。

 

話してるうちにだいぶ落ち着いてきて、自分自身の状況がどんなものであったかもわかってきた。

これ、自分自身を客体化できなくなったら本格的なフェーズが始まるともわかった。

まずいっすな。

 

まー、今は落ち着いてるからいいよね。

ビョーキってめんどくさい。

精神的に追い詰められると、脳が守りに入るんだなあ。

逃げられないなら壊れるまで、と。

 

 

 

スパン、って音がするくらい忙しくなってみたい。

でも、自分がどう行動してどんな日々を過ごしたのか、

きちんと覚えていたい。

気付いたら時間が過ぎてた、気付いたらここにいた、

そんな風になりませんように。