読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

もしも嵐が嵐を卒業してしまったら

嵐事。

嵐にしやがれVS嵐もリニューアルされた。

5人は変わらないのに、セット&編集&ナレーションが変わった。

周りの大人やモノが変われば、嵐の見せ方も変わる。

それでも5人が5人でいてくれることが嬉しい。

 

先日、友人に「もし嵐から二宮が卒業したらどうする?」ときかれた。

「ファンを辞める」と即答した。

自分でも、その選択を迷わず答えたことに驚いた。

私は 二宮和也(嵐)が好きなのだ。

(嵐)がどれだけの重みを持っているのか、その時言葉にして初めて気づいた。

 

大学の男友達が前田敦子推しで、彼女をひっぱってでも握手会に行っていた。

その頃はまだ総合選挙1位のあっちゃんだった。

前田敦子が卒業したとき、彼はぱったりとあっちゃんを推すのを辞めた。

一切言わなくなったのである。

そして、他のAKBメンバーに乗り換えることもなく、

あっちゃんの卒業とともに彼自身もAKBから卒業した。

 

彼の選択がその時はまったく理解できなかったけど、

あらしっくになった今は身に染みてわかる。

AKB48)や(嵐)の中にいる1人のアイドルが、すきなのである。

 

ガラスカップに入ってるからこそモロゾフのプリンが美味しいのと同じで、

中身を支える器が案外大事だったりする。

 

 

もし、嵐が嵐を卒業してしまったら。

そんなことは考えたくもないし、

そこは5人の「ずっと嵐でいようね」「嵐は死んでも嵐」「一人でも抜けたら嵐じゃない」という言葉を強く信じたい。

 

 

不特定多数の友達から「櫻井君が浮いている」「相葉君はズレてる」「松潤はちょっとかっこつけすぎ」と、言われることもある。

(あまり二宮と大野に対して言われることはない)

私自身は浮いてるとは思わないし、きっと翔担も葉担も潤担もそんなこと思わない。

 

そう見えるのは、きっと今まで5人が

「普通の男の子らしさ」「グループとしての活動」を強調してきたからだと思う。

そして、私たち大多数の嵐を知っているひとたちが

「国民的アイドル」として嵐を見ようとしてきたからだとも思う。

 

見た目もバラエティも演技も歌もダンスも

「平均的アイドル」のフリをしながら、トップを目指してきた。

ズバぬけたことをしてない顔、敵意はありませんがっついてもいません草食動物ですみたいな顔をしてきた。

センターは固定されない。

身長だって高くない。歌だって(大野智は別格)スゲーうまいわけじゃない。

おなかがぽよぽよだったり漢字が読めなかったり私服がダサかったり恋愛ドラマやりたくなかったりダンス間違ったりする。

 

それでも、5人でいるだけでとんでもない価値がある。

5人それぞれ異なる分野で強みがあって、それをグループに還元できる。

そんなすばらしいことはない。

 

 

大野智がもし、バックパッカーになったら。

櫻井翔がもし、選挙に出たら。

相葉雅紀がもし、実家の中華料理屋を継いだら。

二宮和也がもし、俳優一本で仕事しはじめたら。

松本潤がもし、演出家やプロデューサーになったら。

 

そんなこと想像の中にとどめておけばいい。

(嵐)として、仕事し続けてほしい。

(嵐)の彼らを見ていたい。

 

嵐は一生嵐。ずっと5人でいてくれますように。