読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

復職できると思い込んでいたら休職を言い渡された話

9月のシルバーウィーク明けに倒れ、入院して、退院して、自宅療養して、

さあ人事に呼び出されたので出社ダと意気込んで面談室に入ったところ

「10月いっぱいは休職したらどうかなあ」と提案され拍子抜けした。

部長がそう言うのならそれが正しいし、

私の話を聞く・聞かないは関係なく

もう既に最初から決められていたことであるかのように言い渡された。

 

だって、クエスチョンに対して私がいくら一生懸命話しても、

採血結果の数値や診断書を見せても、

ノートもとろうとしないし

数値のラベルの持つ意味やどこがどう悪いとか全然分かってないのに

考え込む様子もなく言うんだもん。

 

肝臓が悪いって。肝腎な臓器の片方が悪いって。

(まあ腎臓もいいとは言えないけど)

「次はどこを薬で治すの?」と言われて、説明に困った。

薬を解毒するための肝臓が機能障害起こしたんだから、

向こう3か月は薬で治せるものなんてなにもないのよ。

免疫があるからエイズ白血病の末期よりかは健康だけど、

インフルエンザや肺炎にでもなったら薬が使えず死ぬのよ。

てか薬を使ってもいいけど肝臓が働かないから薬が毒になって死ぬのよ。

 

半年も薬要らずで生活できたら悪いところなんてないの。

あとは精神病とニキビくらいなもの。

 

新入社員として4月に入社してから半年。

周りにはいつか倒れると心配され、絵に描いたように倒れて入院した。

1か月の休みをはさまなきゃやっていけないなんて、もう学生じゃないんだから。

学生のときだって1か月の休みがあったとしても予定を限界まで詰め込んでいた。

この1か月をどう「休んだら」いいのか見当もつかない。