パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

ドタキャンはやめてくれ

今の部署に異動し、秘書となってから1年が経った。10人の秘書のうち、私より長く居るひとはいまや一人しかおらず、在籍時間は上から数えたほうが圧倒的に早くなった。

それなのに最年少なので相変わらずランチ会の予約や送別プレゼントの選定・購入・集金作業をずっとやっている。タテ社会とは、こういうことさ。

 

前に送別ランチを組んだ時、お店から「ランチタイムに10名のオーダーが一気に来ると提供までに待たせてしまうかもしれないので事前に選び教えてほしい」と言われ、メニューをききだしとりまとめたことがある。

事前に1名遅刻、1名早退の日だった。当日になってから急に早退・遅刻の人が相次いだ。キャンセルも出た。仕方ない。仕事にはあらがえない。

しかし、私も直前までミーティングで身動きがとれなかったため、お姉さまは直接キャンセルの電話をいれたり、おみせに着いたらすぐに出せるようあらかじめ作っておいてほしいといった要望を求めてきたのである。しかし自分の選んだメニューを覚えていなかったばっかりに、お店のひともわたしもよくわからなくなって一つパスタがオーダー漏れし30分近く待たされる事態を招いてしまった。お姉さま方も段取りの悪さにさすがに苛立っているようだったし、お店の人も笑顔が消えており、私はその場で泣いてしまいそうだった。

半年以上前のことなのにいまだに忘れられなくて、なんで年下ってだけでずっとへりくだっていなきゃいけないんだろう、とか、なんで自分の食べたいごはんすら覚えておいてくれなかったんだろう、とか、文句あるんだったら次から幹事してくれよ、とか、とにかく思いつくだけの不満をずっと一人で抱えてきた。

思い出すだけでつらくなる送別ランチ会だった。

 

それからも何度かランチ会をとりまとめる機会があった。誰かの苛立つ顔が怖くて頼んだメニューはすべてメモにして持ち歩き、iPhoneのメモにも打ち込んだ。

 

 

ここ1か月、プライベートで合コンの幹事をしたり後輩に「ごはん行きましょう

」と言われたり、集まってごはんを食べたりするのをよくとりまとめている。いずれも私から「ごはんたべたい!」とは言いだしていない。

お店を選んで、人を集めて、予約して・・・と段取りして、最終的にドタキャンが出る。

合コンの時は開始時間になって「急にクレームが入って行けるかどうかわからなくなりました・・・」とLINEが来た。最終的に後輩女子は来れなくて、「行けるようにがんばります」という言葉を信じキャンセルをしなかったために料理は6人分運ばれた。デザートのバニラアイスは空席におかれたまま、とろけていった。メンズに出してもらうのが申し訳なく、私は2人分の代金を支払った。あの子が合コン連れてって欲しいって言うからセットしたのに・・・とかれこれ一か月気持ちが落ちている。もう合コンは行きたくない。

 

他にも、予約をいれたあとで予定が入ったから行かないとか、お金が足りないから行かないとか、直前になっておじいちゃんが倒れたからやめるとか、もう4回連続くらいでドタキャンの処理をしている。今日も5人のうち2人がキャンセルになった。おみせの予約を入れてから、行けなくなったと連絡が届いた。

 

本当につらい。私のメンタルはもう限界です。

ドタキャンする人は自分ひとりのことしか考えなくていいけれど、幹事はそうじゃない。時にはキャンセルした人の分まで、金銭的にも負担が発生する。

ドタキャンはやめてくれ。もう本当に幹事が嫌だ。

12月、本部の忘年会が待っている。ドタキャンが出ませんように。