パンケーキはブスの食べ物

あくまで可愛いのはパンケーキであってわたしではないのだ。

「嵐としてやり残したことがある」とずっと思っていて欲しい


ARASHI - Love so sweet : Reborn [Official Lyric Video]

 

「伝えきれぬ愛しさは花になって街に降って」の後、ずっと画面に花が降ってるのかわいいね

 

 

Love so sweetが生まれ変わって公開された。

「嵐」が国民的アイドルと呼ばれ始めた頃の一曲。今だってMステや紅白歌合戦のメドレーに組み込まれ、20周年ツアー「5×20」ではアンコールとして披露され、参戦するたびに映像が更新されていった曲。

「伝えきれぬ愛しさは花になって街に降って」と歌う嵐からの愛が、5大ドームに50回、毎回毎回形を変えて降ってきた。

 

嵐は2020年12月31日をもって活動休止に入る。

発表がされてから、気持ちに折り合いをつけて、インスタやテレビを楽しんできた。

 

そして2020年5月14日金曜日、あるいは15日土曜日、私は嵐に新国立競技場で会えると思っていた。

それがどうだ。公演は日付未定の延期になり、去年「後輩に託す」と宣言したワクワク学校が、毎週土曜日に配信されている。こんなの思い描いていた2020年じゃない。話がちがう。ファンクラブに加入してしっかり年会費を払っているのに、会報は来ない。FCっぽい還元といえば、ワクワク学校が500円オフになったくらいじゃないか。どうしてくれる。ファンと嵐の2020年は何にも計画通りに進んでいない。

 

Apple MusicもNetflixも契約して、InstagramTwitteryoutubeもチェックして、ファンは、嵐を見届けている。

5人が、5人の手で、嵐を殺そうとしているところを、じわじわと嵐が死んでいくのを、見届けている。

 

 

5人は、新型コロナウイルスで外出自粛になってから「何か僕たちにできることはないか」「残念なことですが」と最近何度か言葉にした。

残念?でも表情は全然変えない。二宮くんなんて全然気持ちを見せない。結婚したときの記者インタビューの時だって、そうだった。ずるいよ。さすが、アカデミー賞最優秀主演男優賞。演技派の自担。感情を揺さぶられている演技なんかすぐにできるだろうに、怒ったら一番怖いなんて言われたりするのに、なんだよ。スカしちゃって。5人で命がけで話し合って、人生全てをかけて、「国民的アイドルの嵐のメンバー」として、いつでもどこでも立ち振る舞って。そうして、すぐ爽やかな笑顔を振る舞って、みんなを幸せに、楽しい気持ちにしてくれる。安心させてくれる。

 

ファンよりも辛いのは5人のはずなのに、どうして悲しみや苦しみを全く出さないでいられるの。

もしかして本当に、辛くはないの。

 

2020年、嵐には後悔に後悔を重ねて、思い描いていた最後の1年を何にも叶えられなくて、300万人のファンがみんな悲しんで、オリンピックで限定復活とかもしないまま時が過ぎて、そして5人も「やり残したことがある」ってずっと思っていてほしい。心の奥底に仕舞い込んだ宝箱を、「あの時やり残したことがあるから」って、いつかもう一度手にとって、開けて、一緒に楽しんでほしい。

 

 

もう国立競技場のコンサートなんてできなくていい。

 

できなくていいから、

当選メールを、応募した人全員に送って、

そして数日後にコンサート中止のお知らせも送って、

そうして、そのまま、私たちファンを、

「本当だったら国立で嵐に会えるはずだったのにね」って

優しい毒に永遠に漬け込んでほしい。

 

 

嵐はいつだって優しい。

私たちに寄り添い、励まし、愛を注いでくれる。

私たちの2020年がまた過ぎていく。

こんな散々な気持ちで最後の一年を終わらせたくない。

 

明けない夜は無い。二重否定。つまり強い肯定。

 

また嵐に会いたい

 

信じることが全て

 


嵐 - Love so sweet [Official Music Video]

 

おうちに帰りたいという概念

在宅勤務がスタートしてから1ヶ月が経ちました。

仕事が捗る日もあり、VPNが繋がらず自前のPCでウェビナーを見る日もあり、何も集中できなくておうちに帰りたい・・・と思う日まである。

 

在宅勤務とは、「プライベートを職場が侵食している」状況を作り出していることだと私は思う。

 

3月までは、オフィスまで40分かけて通勤していた。

境界線を飛び越えていた。あっちに行っても、小田急線が私を毎日こっちに連れ戻してきてくれていた。

それが突然、変わった。あっちに行く必要がなくなった。

往復80分に、化粧をする時間が浮いた。約2時間の自由時間ができて最初は嬉しかったのに、10日経つとだんだんおうちと仕事の境界線が曖昧になってきていることに気付いて、2週間目には完全にこっちもあっちになった。

おうちに帰りたい、と思うようになった。紛れもなく、私はリビングのソファに座っている。冷蔵庫から取り出した麦茶を飲んでもいるのに。

 

 

こっちに体があるまま、あっちに行くにはどうするか。

 

化粧をした。

 

ちゃんと着替えた。

 

だらだらメールチェックをしないようにした。

 

 

 

そして、新たなこちら側を作り出した。

 

 

 

 

f:id:mameco_s2:20200418001701j:plain

 

 

 

 

 

今をときめく神ゲー「あつまれどうぶつの森」を買いました。

 

あつ森には私がいて、おうちがある。外出ができる。友達とも連絡が取れる。コロナのない世界がある。景気がよく戦争もない。何かと借金を背負わせてくるたぬきはいるが、住人は優しく、明るく、そして親切なハムスターとペンギンとフラミンゴとネコ。風邪を引いたりハチに刺されてお薬が必要になる時はあるけれど、コロナはない。素晴らしいこちら側ができた。

 

私は、ようやくおうちに帰れるようになった。

あつ森は、職場に侵食されない「こっち」だ。

小田急線に代わって、ニンテンドーswitchが私を毎日こっちに連れ戻してくれるようになった。

ゴールデンウィークはずっとこっちにいる。

おうちに帰ります。

帰れるおうちがあるって、いいなあ。

今日はメーデー

 

ハリネズミを描く仕事をしました

 

先日、秘書からイラストが描けるデザイナーにジョブチェンジできました。

自分が楽しいやってみたいと憧れ続けたイラストレーターに毎日触れることができ幸せです。

能力が追いついていないな〜と思うことも多々ありますが、ちょっとずつ勉強中。

 

f:id:mameco_s2:20200423132502j:plain

最近はハリネズミをたくさん描きました。

ハリネズミって難しいね。

毛の表現を変えるとすぐおブスになるしモフモフになってしまう

しかもイラストレーターで描くとなると、

こんなアニメの設定画みたいなハリネズミでは手足や表情が動かしにくい!

フリーハンドで描くのと、楕円やパスをあーだこーだ組み合わせたり変形したりして描くのはやっぱり少し勝手が違います。

目とか手足を左右対象に描くなら図形を変形させてコピペする方が圧倒的に美しい。

 

 

生まれてこの方小動物を飼ったことがないので、

デッサンが全くわからない。

ハリネズミは猫みたいに伸びるのか???首結構長いの???ほよ?????

 

ネットから画像を拾ってきてひたすら模写。

そしてついにあつまれどうぶつの森も飼ってしまいました。

ハリネズミ界でおそらく最も有名なハリネズミである

エイブルシスターズのきぬよちゃん、最初からいるわけじゃないのね・・・

(昨日ようやく案内所が改装された)

 

 

f:id:mameco_s2:20200423132450j:plain

 

左のピョーンしてるのと右側の横向いているやつまじで可愛くないですか?

 

 

 

f:id:mameco_s2:20200423132510j:plain

 

だんだん雑になるラフ

最初に書いたのと比べると頭身も変わったし二足歩行になりました。

 

この記事にアップしたハリネズミたちですが、今はお蔵に眠っています。

確定デザイン、日の目を見るのが楽しみ。

今日も隣人の洗濯機は稼働している

4月から旦那も私も在宅勤務になった。

 

特に私の勤め先は、これまでリモートワークや時差出勤などがあまり導入されてこないような、おじさんたちがExcelに入力した稟議書を印刷して承認印を押してバインダー に挟み回覧し、承認済み稟議書はFAXで起案者へ戻しpdfと紙を同時に保存しておくような会社だから、まさかリモートができるようになるとは思っても見なかった。

日本国内において、COVIDに罹患する多数は30〜50代がメイン層であり、しかも男性のほうが死に至りやすいというのに、おじさんたち、全くどういうことなのだ。ビルの喫煙所はとっくに閉鎖された。*1

  

在宅になってからは特に支障もなく、仕事を進められている。

 

リビングで黙々と作業をしていると、いつも聞こえてくるメロディがあった。

ゴミ収集車でもない。トラックがバックする音でも、バスが右に曲がる音でもない。お風呂が湧くような時間ではないし、炊飯器や電子レンジのような無機質なピーピーでもないのです。

 

そして唐突に気づいたのです。

 

これは、マンションのお隣さんの、洗濯機が終わった音だ。

 

www.youtube.com

 

 

どうやらこれはモーツァルトピアノソナタ第11番トルコ行進曲第1節のよう。

 

隣のお宅にもちゃんと暮らしがある。私にも暮らしがある。

2020年はずっとおかしい。いろんなことが変わった。

でも、新型コロナウイルスが毎日トップニュースになった世界だって、変わらず服を洗って、ご飯を作って、ゴミを捨てている。

そこに暮らしがある。思うように外出できず、どんなに天気が良くてもピクニックには行けない。それでも、洗濯物を外に干せば、半日で乾くのだ。取り込んだシャツの香りを吸い込んで、春を感じて、普段気づきもしないささやかな暮らしがそこにまだちゃんとあることに気づいて、どうしようもなく愛おしくなる。

 

これからも洗濯機が今まで通り回りますように。

そしてピーピー電子音でモーツァルトが聞こえてきますように。

 

おばあちゃんは今夜も夢に立つ

昨夜もおばあちゃんの夢を見た。

 

 

私の祖父母は四人とも既に他界している。

一番早くにお別れをした父方の祖父の十三回忌が、先月執り行われた。

当時、私は中学生だったか、高校生だったか、もう覚えていないが、とにかく12年前に亡くなったのだ。

父方の祖父母は同じ市内に住んでいた。

週末になると、しばしば遊びに行った。

お盆には親戚が集まり、甲子園が延々と放送される居間でスイカを食べた。

お正月にも集まり、お年玉をもらって、箱根駅伝が放送される居間でミカンを剥いた。

やがて祖父は寒い冬の日に救急車で運ばれ、数ヶ月か一年くらい入院して、息を引き取っていった。

 

父方の祖父に関する記憶は少ない。

寡黙で勤勉であり、子供を可愛がるということはあまりしない人だったように思う。

 

私はおばあちゃん子だ。

小学校3年生まで、母方の祖父母と同居していた。

同居していたといっても、母屋と離れにそれぞれ住んでいた。

庭には、ミカンの木、渋柿が2本、甘柿が2本、梅の木が2本、グミの木が1本あり、他にも金木犀、ヤシの木、ソテツ、ヤツデ、楓、槙、アロエ、除虫菊、菜の花、シソ、どくだみ、なんかいい感じのコケ、結構広い畑、金魚鉢があった。

 

季節ごとに、梅、菜の花、楓、椿、が庭に彩りを添えていた。

 

幼い自分にとっては庭がとても広くて、じじいが焚き火して芋焼いたり、アオダイショウやイタチが出たりした。ときどき、金魚は猫に食べられて姿を消す。

雨の日も雪の日も、どの季節も楽しい庭だった。

 

両親共働きだったから、放課後はおばあちゃんのいる母屋で暮らした。

母が遅くなる時は、おばあちゃんが夕飯を作ってくれて、唐揚げをつまみ食いした。

夏休みも、冬休みも、おばあちゃんちで宿題を進めた。

引っ越ししてからも、放課後はおばあちゃんちに帰った。

高校生になり、じじいがガンを患った。同居する叔父もガンを患った。やがて、おばあちゃんはひとり暮らしになった。

でも、私たち孫がよく遊びに行ってたから、おばあちゃんは元気でいてくれた。

3.11があった時は、おばあちゃんちで電気が回復するのを待った。寒くて怖くて眠れない夜でも、避難所よりよっぽど安心できる場所だった。

 

その後、おばあちゃんは私の成人式、弟の成人式、妹の成人式を見届けた。

 

2017年、私は彼と同居をはじめ、彼の実家に挨拶に行った。7月だった。その帰りに一本の電話をもらった。母からだった。

 

「おばあちゃんね、ちょっと具合が悪くて入院することになった。輸血することになったけど、意識はあるから、来週にでも帰ってきてちょうだい」

 

そうなんだ、お盆に帰省するつもりでいたけれど、スケジュールを組み直そうかな。

ベッドに潜り込み、眠りについた。

 

遠くでiPhoneのバイブが聞こえる。未明、母からだった。

 

おばあちゃんは眠っている間に、息を引き取った。

病院に搬送されても、どこの病院の何階で、どのあたりの病室なのかハッキリ言えたという。

入院する前の1週間は、急に元気がなくなり、食欲も落ち、桃を一切れ、ふた切れ食べたそうだ。

 

 

葬儀が終わってから、もう2年経つ。

他の祖父母は一回もきてくれないのに、おばあちゃんだけは定期的に夢に立つ。

唐揚げや酢の物、ポテトサラダをよく作る姿、こたつでテレビを一緒に見たり、なんてことはない日常の記憶が再生されている。

いまだに生きているような気がして、目が覚める。

成人式をあんなに喜んでくれたおばあちゃんに、結婚式を見せてあげられなかった。

 

 

 

十三回忌の法事で、僧侶は話していた。

法事で親戚が集まり、故人を偲んで話すことが供養になること。

急に大切な人がいなくなることは受け入れがたいものであるが、少しずつでも生活になじんでいけること。

忘れたり思い出さなくなることは悪いことではなく、悲しみから抜け出せている証。

 

お別れは、花を手向け、火葬し、祈り、拝み、念仏を唱え、煙を薫せ、墓に納めるだけではない。

もっと長い時間がかかる。ずっとお別れをし続けなければいけない。

夢ではない場所で、会いたいと思う。

 

おばあちゃんちには、今頃、赤い椿が咲いているだろう。

 

やる気が足りない

「いつも元気で楽しくて明るくいてほしいんだって。」

 

学生時代から付き合っている彼との関係性が恋人以上に進まなくて悩む友達は

俯きながらそう言った。

これからのことを考えているのかを会うたびに聞いたり

何もはっきりしないことに不安や焦りを覚え

その気持ちが無意識のうちに伝わってしまい

一緒にいても楽しくなかったり、

お互いイライラしたり、

別れ際が気まずい時間になってしまったりしていたそうだ。

 

いつも元気で明るいというのは非常に難しい。

それは常に幸せで、なんでも前向きにとらえることができて

細かいことは気にしなくて、相手の感情に左右されずに安定していて

空元気でもなく健康で笑顔でいるということだ。

なにもかも”元気でうざい”にならない程度で。

 

最近、いつも元気なくて暗いばかり。

一日8時間デスクに向かっているけれど

正直仕事は手につかないしうっかり泣きそうになる。

気持ちばかり疲れてしまって

大した貢献はできていない気がするし

特段トラブルもないが、職場でうまくやっている実感もない。

 

生きる喜びみたいなものを

仕事のなかから見出すことができないまま

毎日が滑るように終わっていく。

真綿で首を締めるとはこういう私を言うのだろうか。

社会人になって5年目を迎えたというのに

年を重ねるんじゃなくて年を取っている。

 

自分のやりたいこと、毎月25万円くらい給料がもらえて

産休育休もとれるような場所で

いつも元気で明るく過ごしたい。

愛社精神はできればもっていたいし

前向きに取り組んでビジネスへ貢献できている実感をもちたい。

転職したばかりは前向きだったはずなのに。

いつの間にか嫌なところが目に付く回数が増えてしまった。

 

過去を振り返れば結構頑張ってきたと思うし

だれにでもできる仕事じゃないことだって

任されていた。任されていたはず。

 

自分の気持ち次第、とらえ方次第だってことわかってるのに。

でも、自分を変えられない。

 

でも、のに、が続いていく。

 

浅瀬に沈んでゆるやかに泥へ埋まっていくような気持ちで

今日も元気で明るくいられなかった、そう小さく俯いて今日が終わる。

伝えきれぬ愛しさは花になって街に降って

わたしは嵐が大好きなんですが、彼はやめろと言わない代わりに全然ハマってくれないのでいつも一方的に話しています

ライブBlu-rayも一方的に見せている

 

有名な曲のひとつにLove so sweetがある

 

 

Love so sweet

Love so sweet

 

 

花より男子の主題歌です

私はこの歌がとってもすき

 

Love so sweetのいいところ、全部いいんだけど

yeah yeah部隊とwow wow部隊に分かれるとか

サビとかフリとかみんな好きだけど

1番素敵だなと思うのは 大サビ前の歌詞

 

伝えきれぬ愛しさは 花になって街に降って

 

まず、伝えきれぬ愛しさが???花になる?????愛しさが花になるなんてこれ以上に幸せなことありますか??????宝石でも石油でもキャビアでもなく花だよ花

しかも抽象的なんですよ「花」って名詞ひとつだけなの それはつまり何本でも束でも植木でもいいよみたいなサイコーかな????

で、その花が街に降るって………え……?花が街に降るなんてそんなハッピーなひとときありますか?花粉じゃなくて花だよ、みんな桜が舞うと幸せ感じるじゃない、もしその桜が誰か大切な人からの愛の化身なのかなって考えたら舞落ちた花びら全てかき集めて食べたいくらいの気持ちになるよ。なる。だって伝えきれぬ愛しさが花になってるんだもん全てを受け止めたい。

 

 と、いうきもちになるんです

 

松潤がカメラ目線でひとりで歌うこのフレーズ

この後は大野さんとデュエットの大サビになるからホントにここのワンフレーズがいいんです私は

まず松潤は声が低めなので嵐じゃ1人でリードボーカルを担当することはそれほど多くない

というかリードボーカルは大野さんばっかりで、松潤は下ハモがメイン(違ってたら教えてください)

百年先も愛を誓うときとか「ダキシメタイ」は別として基本的に松潤パートは大野さんがハモリで入ることが多い

でもLove so sweetのこのフレーズはちゃんと1人で歌う 歌ってる 

Love so sweetはとっても幸せな曲で周年コンサートではほとんど入ってくる

間奏は翔くんが機嫌よくお客さんを煽ったりメンバーがはしゃいでる

で、そのあとに「伝えきれぬ愛しさは 花になって街に降って」くるんだけどなんかもう何~~~みたいな キラキラ輝いて見えるんだよね!泣いちゃうからただ一人の日本人男性が歌ってるってだけなのに泣けてきちゃうキモいおたくだから

 

という話を、彼に話しましたが、完璧にスルーされました

しかも1度や2度の話じゃない

 

そして2019年3月

 

f:id:mameco_s2:20190408142954j:plain

 

挙式しました

 

 

生まれて初めてのキリスト教式礼拝

お祈り

二礼二拍手一礼とも(-人-)ナムナムとも違うお祈り アガペー

キリスト教には大変失礼ながらよくわからないまま台本通りの動きをして誓ったり聖書のいい言葉聴いたり賛美歌口パクしてるうちになんか込み上げてくるものがあって泣いた

退場するとき、ゲストの方を振り返ったら父親が号泣しているのが見えてまた泣けた

 

披露宴

二次会

 

優秀な幹事と仕事のできるプランナー・司会者・運営チームのおかげで滞りなく進みました

二次会にも80人を超えるゲストが駆けつけてくれました

 

二次会ではゲームやったんです全員参加型クイズ

新郎新婦に関するクイズ

新郎が好きな新婦の手料理は?とか、

2人のプランナーの名前は?とか

結構みんな正解してるし盛り上がった

そして嵐の歌詞あてクイズ

WISHから始まりHappinessやOne Loveなど定番有名曲の歌詞あてでした

これも各卓にジャニオタがいたから盛り上がってた

もちろんLove so sweetの歌詞もクイズになった

フレーズは私の好きなところ

「伝えきれぬ愛しさは?になって街に降って」

さあなんでしょう、と、

みんなが「花」「光」とか答えて最後答え合わせの時に音源流した

そのとき 

新郎の手には大きな花束

 

わたしに…くれるの…?!?!?!?!

 

っえ~~~~

伝えきれぬ愛しさ、でかい~~~~~いろんな色がある~~~

 

感動

 

私の好きな歌詞 ちゃんと覚えててくれた

しかもサプライズなんて無いと思ってたのに花束出てきた

 

誰かの目の前でサプライズなんて恥ずかしいからできない!みたいな人なのに花束手配してくれてて嬉しかった

しかも嵐の歌詞に載せて花束出てくるのもよかった

好きに好きを上乗せされてチーチーダブチみたいになった

彼女の実家に行ってムービーの中でいろんな人から花をもらってきてムービーから飛び出して花束贈呈★じゃなかった

フラッシュモブもなかった

でも

嬉しかった

 

結婚式、がんばって準備してよかったです

結婚っていいなって思いました

 

f:id:mameco_s2:20190408143305j:plain

 

おしまい